MENU
フリーランスとしての生き方まとめてます

【初心者向け】Webライターの勉強法まとめ【簡単に要点網羅】

管理栄養士しています、FEELです。

うさ

  • 初心者がWebライターになるにはどんな勉強をしたらいいの?
  • たくさん情報が溢れているけど、どれが簡単な勉強方法なんだろう
  • ポイントだけ知って、あとは自分で方法をアレンジしていきたいな

こんな悩みに答えます。

 本記事の内容

  • Webライターに必要な基礎知識
  • 初心者向け、ゼロからWebライター勉強法まとめ
  • 勉強から仕事をとるまでの手順

現在の私は管理栄養士歴10年、兼業フリーランスとして3年ほど。Webでフリーランスとして稼いでおり、生活費はすべてWebで。本業の年収はまるまる貯金できています。

この記事を読めば、異業種からライターを目指す人や、全く未経験の人でもWebライターの勉強方法がわかるので、良かったら参考にしてください。

目次

Webライターに必要な3つの知識

まずWebライターに必要な独特の知識があるので押さえましょう。

  1. 知識①:Webライティング知識
  2. 知識②:SEO知識
  3. 知識③:プログラミング知識

見たことある言葉や、見慣れない言葉もあると思いますが、順に解説します。

知識①:Webライティング知識

Webライティング知識は、文学的な本を書く文章術とは違います。例えば、

文学的な文章

ドイツ全土を走る鉄道は、ドイツ鉄道DB(デーベー)が一括して運営している。ベルリンなどの主要都市から郊外の小さな街まで鉄道路線が充実しており、運航ダイヤも比較的正確だ。また料金システムなどが統一されているため、旅行者も使いやすい。ドイツ国内を遊び歩きたい人には、是非オススメです。

これをWebライティングしてみます。

Webライティングした文章

ドイツを遊び歩きたい人にオススメなのが鉄道です。理由は2つあり、

①時刻が正確

②料金統一

詳しく解説していくと、

●ドイツ鉄道と言えばダイヤが正確なデーベー

ドイツ全土を走る鉄道は、ドイツ鉄道DB(デーベー)が一括して運営している。ベルリンなどの主要都市から郊外の小さな街まで鉄道路線が充実しており、運航ダイヤも比較的正確だ。

●料金はどうなの?

また料金システムなどが統一されているため、旅行者も使いやすい。ドイツ国内を遊び歩きたい人には、是非オススメです。

文学的な文章とWebライティングの違い

上記の違いとしては以下です。

  • 見出しが入っている
  • ポイントがまとめられている
  • 読み手を意識した構成

そして、この構成の中には下記のSEO知識も含んでいます。

知識②:SEO知識

SEO知識とは、以下です。

SEO知識とは

簡単にいうと、「Google検索で上位を取れる記事を書くスキル」です。

具体的なポイントは以下です。

  • 記事タイトルの作り方
  • 記事の構成
  • 見出しの構成
  • キーワード選定
  • 記事全体のキーワード含有率

WebライティングにSEO知識をプラスして、記事を書いていきます。

知識③:プログラミング知識

プログラム知識があれば、記事のデザインが自由自在です。

プログラム知識とは

htmlやCSSという、「Web言語のスキル」ですね。

Web言語のスキルを持つメリット

Web言語を扱えると、ライターの仕事に広がりが出ます。例えるなら、塩と砂糖だけで料理するよりも、お酒やみりん、しょうゆが合った方が、料理が広がりますよね。そんな感じです。

  • 記事のデザインにこだわれる
  • 個人でWordPressブログを始めることができる
  • 他のライター記事デザインを読み取れる
  • 依頼主に「この人Webできる人だ!」と印象付けれる
  • 言葉がわかるので、仕事の交渉時に有利

などなど、仕事を有利に運ぶことができるのでオススメです。

初心者向け、ゼロからWebライター勉強法まとめ

ということで、上記の3つの知識を簡単にポイントをおさえるための勉強方法を紹介していきます。

  1. 知識①:Webライティング知識⇒本⇒実際書いてみる
  2. 知識②:SEO知識⇒本、動画⇒実際書いてみる
  3. 知識③:プログラム知識⇒本、動画⇒実際書いてみる

簡単な勉強方法として、本や動画で基礎知識を学んだあとは、実際に書いてみるとOKです。

知識①:Webライティングの勉強法

「沈黙のWebライティング」などさまざまな本を読みましたが、本についてはこの1冊で充分です。

未経験者・超初心者にオススメな本

WebにはWebの書き方があり、雑誌には雑誌の書き方がありますが、Webライターとして稼ぐための、”Webライティングのベース知識”がこの本1冊で学べます。

未経験者・超初心者にオススメな動画

私も初めはYouTube動画をチェックしていたのですが、「なるほど」と思うけれども実践するとうまく再現できずに悩んでいたところ、この動画に出会い「読者視点」の意味が分かったのでオススメです。

少し慣れたので、さらにスキルアップしたい

スキルアップしたいのであれば、「読者心理」の勉強がオススメです。

自分の記事の評価=人が読むかどうか

人が読まない記事を書いても収益にはなりませんし、依頼主の評価も低くなります。依頼主の評価が高まれば、仕事がきます。なので、文章能力を高めるには人の心理を学んで文章を書くのがオススメです。

知識②:SEO知識の勉強法

SEO知識を持っておくと、記事だけでなくサイト全体の構成まで発言ができるようになります。

未経験者・超初心者にオススメな本

ブログ?と思われるかもしれませんが、「ブログ集客=サイト集客」なので問題ないです。具体的な記事の書き方例まであるので、参考になるはずです。

未経験者・超初心者にオススメな動画

SEO知識については、下記の動画がオススメです。

聞き流すだけでOKなので、2倍速で速聴してしまいましょう。

少し慣れたので、さらにスキルアップしたい

SEOの知識を学ぶと、こんな記事の書き方もできます。もちろんこれはある程度、サイトやブログの視聴者がついてからの話ですが。

私もブログ初めて半年以降からは、既にこの方法を実践しています。

知識③:プログラミング知識の勉強法

個人的にはプログラミンについては、勉強してかなり視野が広がったのでオススメです。

未経験者・超初心者にオススメな本

本の中もカラーで、実際の図がたくさん入っているので概要がつかみやすいです。あとソシムの本は、ソシムのHPにダウンロードできる実際のhtmlシートが置いてあるので、本当の答えをチェックできるのでかなりオススメです。

未経験者・超初心者にオススメな動画

 「Udemy」でベストセラーになっているプログラミングコースです。

ベストセラーに実績あり

ということで、この講座もオススメです。

少し慣れたので、さらにスキルアップしたい

更なるスキルアップしたいについては、コチラの記事で詳しく書いているのでどうぞ。

有料でもいいからサクッと学びたい方は下記がオススメです。Webエンジニアになって、まるっとサイト監修もできるようになります。

知識をためたらブログで実践

「え?いきなり書くんですか?」と思われるかもしれませんが、その通り。

「もっと基礎を固めないと・・・」と思っていると人生終わってしまいますので、今日2時間ほど時間があるのであればWordPressブログを立ち上げて、記事を書いて全世界に発信しましょう。

未経験Webライターが勉強から仕事をとるまでの手順

おそらく多くの方が「勉強⇒知識習得⇒⇒もっと知識⇒仕事受注」と思っているかもしれませんが、勉強をスタートした時点で仕事をとりに行ってOKです。

  1. 勉強開始
  2. 同時にWordPressブログ開始
  3. 同時にクラウドソーシング登録
  4. 軽い仕事を受ける
  5. 勉強深める

「いろいろやって大変だよ」と思われるかもしれませんが、これがWebライターやフリーランスの働き方なんですよね。

1つの方法だけで収益化するのはとても時間がかかります。なので、クラウドソーシングやWordPressブログを同時に初めて、おそらく2年後にはクラウドソーシングは一切利用しなくなると思います。

なぜなら、WordPressブログとWebライターの仕事で食べていけるようになるからです。

未経験Webライターが仕事を探す方法

未経験でも全く問題ないので、仕事をとりに行きましょう。

未経験Webライターの仕事はどこにある?

Webライターの仕事は「クラウドソーシング」というWeb上の仕事受注サイトにあります。

具体的には、コチラの記事で詳しく書いているので参考にどうぞ。

まずは単価の安い仕事を自分で取得

未経験者のは以下の方法がオススメです。

単価の安い仕事を自分から受注する

確実に仕事を受注できます。

その後スキルアップ

スキルアップ手順としては以下です。

  1. 100円単価の記事20記事
  2. 1,000円単価の記事20記事
  3. 5,000円単価の記事20記事
  4. プロジェクト50,000円の記事
  5. 目指すは個別ライター契約

おそらく④くらいになれば、WordPressブログでも収益が出ていてWebライターとして自信がついている頃ですね。

私がWebライターで稼げるようになるまでの実際の話

実際に私は下記のステップを踏みました。

  1. WordPressブログ開始⇒誰も記事見ない⇒落ち込む
  2. Webライターの勉強開始⇒ブログ実践
  3. クラウドソーシング開始⇒100円記事100記事受注:月2万円
  4. WordPressブログに視聴者集まる
  5. クラウドソーシングでプロジェクト記事20記事担当:月10万円
  6. クラウドソーシングで個別契約の話来る⇒クラウドソーシング卒業
  7. WordPressブログ継続、Webライター契約
  8. WordPressブログから仕事受注

④までは半年くらいで、⑦は1年くらいですね。⑧は現在も継続中です。

「WordPressブログなんて簡単だよ」と思って始めたWebライターだったのですが、知識が無ければ意外に集客ができず本当に落ち込みました。

ただ必要な知識があればWebの仕事は受注できます。例えば「この料理何か足りないな・・・」と悩んでいて、ある日「あ!塩が足りないんだ!」と気づいた感じです。

塩が足りないと気づけたら、今後は塩を忘れずに使いますよね。Webの仕事もそんな感じです。

まとめ

ということで、Webライターの勉強法について簡単にまとめてみました。

初心者の場合いろいろと不安もあると思いますが、まずは行動です。行動してうまくいかなければ「なぜうまくいかないのだろう?」そう思うので、理由を探して解決すればOKです。

  1. 勉強開始
  2. 同時にWordPressブログ開始
  3. 同時にクラウドソーシング登録
  4. 軽い仕事を受ける
  5. 勉強深める

今回は、その「なぜうまくいかないのだろう?」を少しでも減らす方法を紹介していますので、良かったら参考にしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる