MENU
フリーランスとしての生き方まとめてます

【働き方】市役所で仕事したい管理栄養士へ【なり方と仕事内容】

中核市で7年ほど管理栄養士してました、FEELです。

うさ

  • 管理栄養士になったし、勤めるの市役所がいいけどどんな仕事あるんだろ?
  • 市役所の管理栄養士になりたいけど、なり方も知りたいな。
  • あと採用に有利な資格ってあるの?

こんな悩みに答えます。

目次

【管理栄養士】市役所の仕事の種類とは?

まず、市役所の管理栄養士の仕事は、市の人口規模によって違います。

  1. 人口数万人の市町
  2. 人口40万人以上の中核市以上の市

では順に解説します。

①人口数万人の市町の管理栄養士の仕事

管理栄養士の仕事は以下です。

  • 保健センター・・・乳幼児健診、小児から高齢者まですべての人の栄養指導など
  • 地域包括支援センター・・・高齢者の介護保険サービス利用時に、栄養に関する担当など

主に勤めるのは、保健センターという保健師と栄養士の集まる専門部署で栄養に特化した仕事をします。

小規模の市町では行わない業務

ちなみに以下の業務は小規模の市町ではあまり行いません。

  • 給食管理・・・県の栄養士がしている場合が多い
  • 保健所業務・・・県の栄養士がしている場合が多い
  • 市民病院・・・市民病院が法人委託されて、委託先がしている場合が多い

なので「上記の仕事をしたくて市役所の栄養士を目指している」のであれば、一度人事課に確認しておきましょう。

人口40万人以上の中核市以上の市の管理栄養士の仕事

管理栄養士の仕事は以下です。

  • 教育委員会、学校教育課・・・学校給食、栄養教諭など
  • 健康増進課・・・乳幼児健診、食品表示、施設への立ち入り、栄養士への研修会の開催など
  • 高齢者、包括ケア推進課・・・地域ケア会議、ケアプラン検討会、介護保険サービス指導など
  • 特定健診・・・健康保険を使う人への栄養指導など
  • 市民病院・・・入院患者への栄養指導
  • 保育課・・・保育所給食の献立など
  • 市の持つ施設・・・栄養管理、献立作成など

中核市になると、仕事の量が途端に増えます。

注意:採用人数に違いあり

ちなみに、採用されている管理栄養士の人数に大きな違いがあります。

  1. 人口数万人の市町・・・1~2人の栄養士
  2. 人口40万人以上の中核市以上の市・・・30~100人の栄養士

ということで、②の方が採用されるチャンスが高いことが想像つきますよね。

市役所の管理栄養士の募集条件

市役所の管理栄養士は、

誰か辞める人がいる、不足している = 採用試験実施

という流れが基本なので、辞める人が出たり、もしくは新しい部署解説、業務の拡大など、管理栄養士が不足している時に募集があります。

なので、①の市町だと、

次回の募集は、2年前に採用した20代の管理栄養士が退職する40年後

なんてことはざらにあるので、目指す市町が決まっているのであればその市役所の「人事課」に確認しておきましょう。

今年退職される栄養士さんはいますか?

という感じです。

市役所の管理栄養士の仕事内容

次の2パターンです。

  1. その①:相談者のマネジメント系
  2. その②:現場の仕事の管理系

概要と、仕事の流れについて解説しますね。

その①:相談者のマネジメント系

市役所の窓口には、どんな部署でも市民からの相談が絶えません。

困ったことある = 市役所へ相談しよう

という市民は大半なので、電話、来庁、メールなどでもらう相談内容に対処するのが仕事です。

業務の流れ

業務の流れとしては、

  1. 課題を聞く
  2. 担当部署へ引き継ぐ

という感じ。

  • 「子供のアレルギー相談ができる場所を探している」→相談会や、病院紹介
  • 「要介護5を持ったおじいさんが在宅生活を希望している」→ケアマネ紹介
  • 「健康にいい食べ物知りたい」→自分で答えたり、本を紹介

毎日10件くらいはあります。

そのその②:現場の仕事の管理系

市役所はどんな部署でも、既に「業務」を行っています。

  • 学校系・・・給食の献立作成、材料発注、施設管理など
  • 健康系・・・健診準備、料理教室の開催、人材育成など
  • 保育系・・・栄養指導、料理教室の開催、参観日の準備など

この業務を円滑に回すために、毎年ルーテインで仕事を行っています。

業務の流れ

業務の流れとしては、

  1. 実施してみる
  2. 来年の事業計画を立てる
  3. 予算を要求する
  4. 決まった予算結果で、計画を立て直す → ①へ戻る

という感じ。

毎年同じ作業で、議員さんから事業への改善メッセージがくると、いそいそ事業変更が始まって大変だったりします。

市役所の管理栄養士のなり方

市役所の管理栄養士のなり方はたた1つです。

その市が主催する、採用試験を受験すること

採用試験の見つけ方

採用試験の見つけ方は以下です。

  1. 直接、市町のHPを確認する
  2. 公務員試験情報こむいんで探す

既に行きたい市が決まっているのであれば①で、地域で適当に募集している市町を見つけたいなら、②がオススメです。

募集の時期は年中

ちなみに、管理栄養士の採用試験の募集の時期は年中あります。

  • 5~6月:8割がこの時期
  • 8~9月:急に辞める人が出た
  • 11月以降:急に誰か辞めた

新しい年度になればすぐ公募が始まると思っておくといいです。

募集要綱で給料、休み、勤務時間を確認しよう

募集要綱には、給料、休み、勤務時間などの待遇が書かれているので確認しよう。

給料は公務員は同額

  1. 人口数万人の市町・・・177,000円
  2. 人口40万人以上の中核市以上の市・・・187,200 円

だいたいこんな金額です。

病院などに比べると安めですが、30歳以降に公務員最大のメリットである違いが現れますので、詳しくはコチラの記事をどうぞ。

休みはカレンダー

基本、休みはカレンダー通りです。

ただし、病院や施設の場合、休祝日の勤務が入る場合もあります。

休祝日は、休日出勤手当が付きます

勤務時間は8時間

勤務時間は8時間勤務です。

  • 8:30~17:30

市役所の開業時間=仕事時間、ですね。

市役所の採用試験の内容とは?

市役所の採用試験内容と勉強方法についてはコチラの記事が参考になると思います。

履歴書や面接時にアピールしたい資格

実際、持っていると採用されやすい資格はあります。

なぜなら、市民に対して権威性が増すからです。

専門職として有意な資格

  • 栄養教諭・・・学校現場で活躍
  • ケアマネ・・・介護保険サービスの地域ケア会議で活躍

栄養士らしい資格ですよね。

栄養教諭の取得方法はコチラ≫栄養教諭の取得方法

ケアマネの取得方法はコチラ≫ケアマネの取得方法

実務に行かせる資格

後は栄養士とは一見関係なさそうですが、あると有意な資格もあります。

  • 動画編集スキル
  • 紙媒体のデザインスキル
  • SNS発信スキル

「情報発信って、専門の人や業者に頼むのではないの?」と思われるかもしれませんが、市役所内にある30以上の部署が、それぞれ頼むと仕事量や委託料が半端ないですよね。

なので、基本的に情報発信は「市役所の職員の仕事」です。

管理栄養士が行う情報発信

管理栄養士も、

  • レシピ集の作成
  • 栄養改善のチラシの作成
  • 料理動画の撮影、編集
  • TwitterやInstagramの発信
  • メールでの情報交換

などなど、オンライン上での仕事もたくさんあるのですが「できない」というのは簡単で、「できる人に仕事が回っていく」だけなのですが、面接時に上記のことができるとアピールしておくと、めちゃくちゃ得です。

学生時代から自分の食事についてInstagramで発信していて、現在フォロワーは3万人います。

なんて言われたら、行政飛びつきますよね。

情報発信の学び方

最短は映像クリエイター養成サイトで学ぶ方法です。

YouTuber御用達のサイトで学ぶか、もしくは、「Udemy」を利用するのも手です。

「動画編集ぐらい学ばなくてもできるでしょ」と思われるレベルであれば、きっと採用試験受けたら受かります。

市役所だと変な動画を作成して世の中に公開すると、

見るに堪えない

変な動画に税金使うな

非難を受けること決まってます。なので、即戦力が欲しくて仕方ないのです。

まとめ:市役所の栄養士のなり方と、仕事の種類

ということで、市役所の栄養士のなり方と、仕事の種類についてまとめました。

今後日本の経済はさらに悪化し、栄養士の職場は減少していくであろうことが予想されます。

なので、市役所が欲している要素を1つでもクリアして、採用試験を受けに行きたいところですよね。

ちなみに、現場の仕事は減りますが、オンライン上の仕事量はこれからどんどん加速しますので、就職が決まらなかった時は「オンラインでの生き方」も考えてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる