MENU
フリーランスとしての生き方まとめてます

【管理栄養士資格】現場に期待してると意味ない話【自分で生産しよう】

FEELです。

悩み

  • 現場で管理栄養士をしているけど、仕事が多すぎる
  • 飲食店が減ったから調理師や栄養士が仕事取っていくし、管理栄養士って意味ないのでは?
  • 給料も安くて、辞めたい

確かに、辛い思いしてサービス残業しても、翌日調理師や看護師に怒られて、自分には何の得もなければ心折れますが、

でもそれをメリットに変えれたら【意味あり】に変えることができるかもしれません。

目次

これからの時代、管理栄養士は意味ないのか?

結論、意味ありです。

理由:管理栄養士があればオンラインでフリーランスできます

今まで「管理栄養士は現場の仕事」と思われてきましたが、2020年に世の中の事情がかわりました。

時代は、全ての仕事が急速なオンライン化に進んでいます

おそらくこの記事を読んでいるのは、20代30代でWebフレンドリーな人です。

40代50代の人であれば、有名な管理栄養士のブログを読んで「管理栄養士の地位を勝ち取っていきましょう」なんて意見に頷いているのではないでしょうか。

新しい情報って、何でしょうかね。

地位を勝ち取ろうと言い続けて、何年たつのでしょうか。

確かに多少は管理栄養士という職種が有名になりましたが、それは「地位を勝ち取ろう」と言っていた人が頑張ったからではなく、最前線で身を切って戦ったフリーランスの管理栄養士たちが頑張ったからです。

フリーランスの管理栄養士は強いです。

管理栄養士のメリットとは?

これからの時代に思う、管理栄養士のメリットを詳しく簡単にまとめると以下です。

  1. 管理栄養士があればオンラインでフリーランスできます
  2. 収入を得る方法は、現場だけでなくSNSやYouTubeなどオンラインにもあふれている
  3. 時代は、オンライン化が進むので今からオンラインに慣れておくと強み

順に解説します。

管理栄養士の仕事もオンラインにあり

まず書いておきますが、私の管理栄養士の能力なんて微妙です。

しかし管理栄養士として気になることを文章にしたり、人に栄養の情報を伝えることができる知識はあります。

でもこれくらいのスキルって、管理栄養士の国家資格を取れるくらいの人であれば、私なんかよりももっとハイレベルなスキルを持っていたりするんですよね。

なのでこのスキルをオンラインで活用して、本業にプラスしてフリーランスとしても仕事をしている状態です。

意味ないこと、文字にしよう

管理栄養士のことを「意味ない」と思っているのであれば、その意味のないポイントをSNSでつぶやいてみるのオススメです。

ただ1個つぶやくのでは意味がなくて、毎日1つずつ100日くらいつぶやき続ければバズる編集部が見つけてくれて、

意味がない話⇒意味あった話

に変えることができると思います。バズレばWebメディアと契約し、「意味が無いと思う管理栄養士の話」で収入を得ることができます。

でもそもそも、意味ないと思っているポイント100個もありますか?

SNSが無理ならブログでもOK

意味ないポイントが100個思いつかなければ、ブログでもOKです。

記事にして共感する人がいれば読者がつき、意味ないと思っていたことへの解決策を示してくれるかもせれません。

同業種の言葉は重みがありますよね。

YouTubeでもOK

今伸びているYouTubeでも意味ない情報発信ができますよね。

「カメラもないのに始めることができるわけない」と思うかもしれませんが、スマホさえあればYouTubeは始めることができます。

今動画を見れる環境なら、なんら問題ないです

現場の待遇はこれから悪化する

ただ、先ほども書きましたが、現場の管理栄養士の待遇は悪化すると思います。

転職者の増加

私はこのブログ意外に、栄養系の転職とカフェに関するブログサイトも運営しています。

2019年までは主にカフェ記事にアクセスが集中していましたが、現在栄養系の転職記事にアクセスが集中しています。

管理栄養士も職を失う時代に入っている

意外に静かに見える管理栄養士界隈でも、自分たちの就職先はどんどん減っている状態なのです。

管理栄養士の未来の働き方とは?

オンライン上で「現在のデジタル化を予見していた」と話題の本があります。

中には、

高い価値を持つ専門技能の重要性

が書かれていて、管理栄養士も含む専門職が新たな価値を生み出す方法が書かれているんですよね。

時代はもう少し悪化する

ということで、管理栄養士の仕事のメリットを解説しました。

おそらくですが、時代はもう5年は悪化します。なので管理栄養士の仕事環境も、全体的に悪化するでしょう。

その時の理由は簡単。

オンライン化

です。

現在、20歳の人たちは英語をすごく身近な言葉として学んできていますが、50代の人で英語を学んでいる人は稀です。

それと比較して、今の10代はWeb言語を学んでいますが、現在の20代、30代で学んでいる人はほとんどいません。

何が言いたいかわかりますよね。

この人たちがあと5年経つと、いったい時代に仕える年代はどの年代でしょうか。

おそらく、「売れないアーティスト」みたいな管理栄養士が溢れ、みな粛々とお家で専業主婦をすることになるのかもしれないです。

オンライン化に対応できる人が、時代を生き残ります

それは間違いないです。

自分で生産する有益なたった1つの方法

自分が欲しいものに変えたらいいのです。

情報にする

肝心なのは情報発信です。

  • YouTube
  • ブログ
  • TwitterやInstagram

どれでもいいので、今日から「管理栄養士の意味ない話」まとめて配信しましょう。

本を書いてもいい

有料noteにしてもいいです。

情報にして発信することで、レスポンスがあって、自分の存在価値を感じることができると思います。

「そんなに簡単にレスポンスが集まるわけがない」という方もいると思いますが、大丈夫です。

大概の人は

「見てみぬふり」

してますからね。

気になる人のTwitterとか、ワザとフォローせずに外野から見るだけとかしてませんか?

そういう隠れファン的な人以外に多いので大丈夫です。

そして、そんな忍者みたいな方には特に視聴回数が表示されるYouTubeがオススメです。

まとめ:生産する人には、管理栄養士は意味ある話

管理栄養士という仕事は生産できない人にとっては意味ない話かもしれませんが、ネタにできる手法さえ持てればめちゃくちゃ意味ある資格になります。

そのためには、組織に消費されるだけではダメです。

サービス残業する会社にとっていい人材になり下がるのではなく、自分の思い発信して、意味ある話に変えてしまいましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる