MENU
もしも季節がいちどにきたら

カッコイイのは一番弱い時に。

FEELです。

皆さんは、職場で楽しかった思い出ってありますか?

私はですね、深夜23時から6人で新規事業について夢を語り合ったときのあのワクワク感。

忘れられないですね。

あと、国に評価され視察ラッシュだった時は「同じ思いの人が全国にこんなにいるのか」と嬉しかったですし、

おしゃれなおばあちゃんたちに木漏れ日の差すイングリッシュガーデンでのお茶会に誘われたときは至福の時でした。

そんな単純な幸せもあれば、仕事終わりに大ケンカしながらみんなでアイスを分割して食べたときはホント腹が立ってたのに、あのアイスが美味しくて最後はみんな笑ってて、

そうだ、ある日出勤したら机の上に目線くらいまでお菓子が積まれていて葬式か?って勢いでお祝いされたときは恥ずかしくて死にたかった。

あのお菓子、配っても配ってもなくならなくて大変だったんだよなー。

あー。外勤中に告白されたときは驚いたけど、数年後に仲良しの子と結婚したことはもっと驚きで、あの日机に牛乳ぶちまけてPCを見送って以来、私はコップで飲み物を飲むようになった。

いろいろありますが、私の仕事の思い出は意外にも「食」であふれています。

先日、「人と食事をするのがこんなにも楽しいものだったなんて」そう、とある後輩に言われました。

前の職場の子です。

久しぶりに会った彼女は、頬がこけて、とても痩せていました。

以前の元気な様子を知っているからこそ、余計に、そう感じましたね。

明るくしゃべる彼女でしたが、正直、元気そうには見えなかったです。

知り合いの胃全摘のおじいちゃんより、調子悪そうでした。

私の近況も聞かれたので、仕事中に撮影していたろくでもない写真たちを見せつつ、あまり心配していない感じを演出していたのですが、

別れ際の時間が近くなるにつれて、徐々に彼女の元気がなくなって。

階段まで一緒に歩いていったのですが、別れ際に、気分は最低調。

「またね」マスクの下で笑って、そう言って別れました。

でもこの時の、彼女の表情が今の私には消化出来なくて。

何か、言いたいことあったんだろうけれども、言えなかったのでしょう。

その別れた後に、彼女からきたメールが、

「人と食事をするのがこんなにも楽しいものだったなんて」

というものでした。

彼女が病気になったこと。

私は責任を、ずっと感じています。

守ろうと思って予防線はってたのに、守れなかった。

わかっていたのに、私は、何も出来なかったのです。

ごめん。

ホントにごめんね。

はぁ。

気づかれてない、わけがないな。

後悔ばかりの人生ですが、ぴえん後輩にも無事に渡せました。

渡せた、というか、正しくは「置いてきた」感じです。

昨夜の仕事帰り、真っ暗な前の職場。

彼女のイスに座って、

彼女の机の上、久しぶりにながめました。

整っているようで整っていないところ、よく似てるんですよ、私の机の上と。

しかもウオン先輩と色違いの、同じニトリのミニ扇風機があって笑ってしまったけど、

ボールペン触って、ざっと職場眺めて。

長居するつもりはなかったので、

少し目につく位置に、

名前も書かず、

そっと置いておきました。

「それでわかる」

気味悪がられそうだけれども、

スピリチュアルな世界の方々がわかると、そう言っているので、そうなんでしょう。

今年に入り、ジュース渡したり、メッセージ送ったり、私もちょこちょこちょっかいを出していますが、

彼女からは何もアクションはありません。

嫌われてるから仕方ないのですが、

なので、今回も、何も連絡は無いと思います。

だけど。

だけど、連絡があることを、ずっと期待をしている自分がいます。

もし連絡があれば、もう一度関係をやり直したいので、今までと同じように、さりげなく接するつもりです。

恋愛はご法度です。

やり直したいのです。

第三者を含まない。

純粋な先輩と後輩を。

それそれは、無理なのだろうか。

連絡がもしなければ、今と変わらず。

逃げずに罪と向き合って、毎日を生きていきましょう。

もう、悪いことしまくっているので、私の人生グダグダですからね。

次に出会う人を傷つけないために。

さて、昨夜は忍び込みみたいなことに興奮してしまった結果、極度の疲れもあって、緊張して一睡もできなかったので、

今日は久しぶりに早く帰りました。

あ、ウオン先輩は大成功でしたよ。

写メ撮りまくるくらい喜ばれていて「この人、女子や(・¥・)」って、めちゃくちゃ嬉しかったです。

うさぎが好きらしいです。

ニトリといい、うさぎといい、やっぱり、同じ誕生日の2人だけありました。

人間関係も含め、今の環境に早く慣れるよう、しっかり休んで、また明日も、

頑張ります。

一緒に、頑張りましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる